挨 拶

校長 南 誠

 日々当校で学ぶ幼児児童生徒、教職員、環境等を見させていただくと、この学校で学ぶ幼児児童生徒は幸せだなと感じます。少人数による丁寧な指導、古く寒い校舎ではありますが環境把握をしやすい工夫があちこちにあること、様々な樹木が植えられ匂いや触察により季節が感じられること等、幼児児童生徒にとって大切なことがたくさんそろっている学校です。
 また、子どもたちと会話を通して、子どもたちの記憶力、話を聞くときの集中力、人の特徴のとらえ方のするどさを感じます。子どもたちには他者との関わりの中で、もっともっとこれらの力を伸ばしていってほしいと願っています。
 子どもたちを取り巻く現在の世の中は、最新の情報、機器等で溢れています。時代の流れは速く、どんどん変化しています。子どもたちはその中で生きていかなくてはいけません。それらの情報に貪欲に耳を傾け、最新の機器に触れてそれらを活用できる人たちに育ってほしいと願っています。
 ぜひ、学校と家庭が協力し合い、子どもたちの成長に向けた取組を一つでも多く実践できればと願っております。